蒲生岳-只見四名山

只見線の車窓や国道から見える険しくとがった山は、会津のマッターホルンと呼ばれる蒲生岳。JR只見線蒲生駅の踏切を越したところから登山道となり、杉林を過ぎると急な坂道の登山道が続きます。登山シーズンは6月第1日曜から10月下旬。頂上までは2時間ほどで、標高こそ高くありませんが、クサリが設置された急峻な岩場が連続する上級者向きの山です。山頂からの360度の眺めは素晴らしく、眼下には、蛇行しながら流れる只見川、目を上げれば鬼が面山を従えた浅草岳の勇姿を見ることが出来ます。駐車場は国道沿いの蒲生集会施設「雪の里」が整備され、5月中旬~下旬には久保登山口入り口にある、カタクリ公園が見頃です。

標高 828m
登山口 ①久保登山口
②小蒲生沢登山口
駐車場 蒲生集会施設「雪の里」駐車場。普通車43台、大型バス2台
トイレ 蒲生集会施設の公衆トイレを利用
水場 山中に水場はないので駐車場の自販機を利用。登山口近くに上原清水あり
シーズン 山開き6月第1日曜~10月下旬
難易度 小学高学年以上。要、岩場経験。
携帯電話 通話可能
地図
蒲生岳
動画 蒲生岳[YouTube]
お問い合わせ 只見町観光まちづくり協会
電話番号:0241-82-5250 FAX番号:0241-82-5810
mail: info☆tadami-net.com  ☆を@に変更してお送り下さい
自然首都・只見なびをフォローする

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2017.2.10

六角精児バンド「只見線のうた」がCDになりました。

2016年6月11日に只見駅前で開催した只見線縁結びLIVEの際に、六角精児バンドが初披露した「只見…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る