要害山-只見四名山

只見駅の裏にある小さな里山、植生が豊かで、只見町の自然の特色をコンパクトに凝縮しています。戦国時代に水久保城と呼ばれた山城だったこともあり、登ってみると、八十里越や六十里越、伊南川上流など四方の見晴らしがよいことがわかります。登山シーズンは山開きの5月第2日曜から11月中旬。豪雪地である只見町の登山道のなかでは、新緑から紅葉まで比較的に長い期間楽しめる山です。天気がいい日は山頂から伊南川沿いの集落が一望できる。

標高 705m
登山口 ①南尾根登山口
②宮ノ沢登山口
③北尾根の作業道
駐車場 只見駅前広場(大型バス可)を利用
トイレ 只見駅と只見町役場裏に公衆トイレあり
水場 山中に水場はないので只見駅前の自販機を利用
シーズン 山開き5月第2日曜~11月中旬
難易度 小学低学年以上。
携帯電話 通話可能
動画 要害山[YouTube]
地図
要害山
Google
ストリートビュー
お問い合わせ 只見町観光まちづくり協会
電話番号:0241-82-5250 FAX番号:0241-82-5810
mail: info☆tadami-net.com  ☆を@に変更してお送り下さい

Googleストリートビュー

自然首都・只見なびをフォローする

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2017.2.10

六角精児バンド「只見線のうた」がCDになりました。

2016年6月11日に只見駅前で開催した只見線縁結びLIVEの際に、六角精児バンドが初披露した「只見…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る