浅草岳-只見四名山

新潟県境に接する浅草岳は、夏でも雪が残る大雪渓の山として人気がある。鬼ヶ面山の豪快な岩場、神秘的な沼の平、山頂附近の高山植物の群落など変化に富んだ山で、往復9時間の健脚者向きとして憧れの山である。山開きは6月第4日曜に行われ、10月中旬まで登山シーズンとなる。マイカーでのアプローチは只見沢登山口駐車場か、入叶津登山口駐車場まで。登山口から頂上まではともに約②4時間30分を要する。只見沢登山口から山頂までは岩稜を登るパノラマコースで田子倉湖や鬼ヶ面の断崖を見渡します。山頂は6月下旬から7月上旬にヒメサユリが群生し、ここから入叶津登山口へは「天狗の遊び場」と呼ばれる高層湿原がぬけて、ブナの巨木が並ぶ深い森を下っていきます。

標高 1586m
登山口 ①只見沢登山口
②入叶津登山口
駐車場 ①只見沢登山口 普通車100台、大型バスは隣接する田子倉休憩所に2台
②叶津登山口 普通車10台、大型車1台
トイレ シーズン中は登山口に仮設トイレ設置
水場 只見沢登山口は大久保沢の水場より上部にない。只見沢登山口はトチノキ清水、平石山直下の沢、小三本沢などから沢の水をくめるが確実ではない
シーズン 山開き6月第4日曜~初冠雪の10月中旬
難易度 上級者、健脚向き。
携帯電話 只見沢登山口は入らず、国道にでるとわずかに入る場所がある。田子倉眺めから山頂を越えて沼ノ平分岐までは通話可能。山神杉周辺は入らず、入叶津登山口は通話可能
地図
要害山
お問い合わせ 只見町観光まちづくり協会
電話番号:0241-82-5250 FAX番号:0241-82-5810
mail: info☆tadami-net.com  ☆を@に変更してお送り下さい
自然首都・只見なびをフォローする

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

2017.7.27

福島県×吉本興業「絶景列車、只見線!奥会津魅力満載キャンペーン」のお知らせ。

福島県×吉本興業「絶景列車、只見線!奥会津魅力満載キャンペーン」を開催します。 ツアー第1弾よ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る